慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

雷雨狂風

突然です


たそがれ来る前

ひどく暑い天気は1度の雷雨に変わります




豪快な大雨は稲妻に入り混じっていて雷が鳴ります

瞬間

昼間これまで関連しない扉、、は、は雨量は入れて入ってきました

海一錠


涼しくなったにに来たいですね.....




お姉さんの別荘

平日ただ兄の1人がしかありません


ここにある毎日

山の上でと同じに静かだと感じます

ここ

客家村です


客家村の特質は

清潔で

勤勉です


しかし

平原あるいは山の中でにも関わらず

耕地があるのでさえすれ(あれ)ば、、は、たぶん薬を噴霧します施肥する類の物事


…が

屋根を建てるのはとても高いです

風を通すのもとても良好です

しかし

施肥して薬をまき散らしに出くわします

耕耘する土地の日、、は、は依然として人をたまらなくならせるのです


特にひどく暑く煙が出る日まで着きます


さらしの後の土地

蒸発する化学の物質の匂い、,,


a…本当に駄目だまで(に)気絶するのです😥


幸いなことに

今回

南部はよく雨が降ります


ようで、、は、私のこのような人に同情するのがです


雨の後の清新な空気

本当に感激の涙にむせびます…

台湾のバナナは過ぎて産します

食べきれないバナナ








南部の兄ここ


毎週以内

友達の隣近所(の人)の贈呈するバナナ、、は、合わせておよそ1連あります


兄は言います

食べるのが怖いです....





続けざまにのは彼らにもう送ってないでくださいもらいます

しかし

ほとんど毎日やはりいくらかは送って来て、,,


昨日

やむを得ず

2~30本のバナナと2つのpapayaを台北の友達に郵送します


品物は互いにとても巨大で

かつトップクラスのバナナです

台北は恐らく価格はとても高価です

ここで食べきれないで、,,

置くのがぼろぼろになります


とても惜しいですね





日が沈んだ後に必然的な日の出 🌄

行き来します


うららかな風光

弱者の時間もあるようです


何日(か)

初めて夕日が見えて、,,


たいへんきれいな雲の下に

姉妹達はひざまずいて世間話をします




連続3日

訪問者は絶え間ないです

煩わしいものがない修行する兄に増加して"家"の覊絆に属しました


たとえ知らせ彼らがいないとしても

みんなはやはり(それとも)一斉に集まりました


みんなのが愛護するのに感謝して、,,


実は私も望まないでみんなに邪魔をするでした




老年明け多く病気になるお姉さん

とても虚弱に見えます

椅子の上から立ち上がってすべて震えています

自分を支える力がありません


きわめてような前moli ....


生活のきわめてゆとりがあるお姉さん

もしも健康な体で財産まで(に)享受します

最も楽しいでしょう…?


彼女が早く健康を回復するのを祈願します

さすがに

目下の時代

70あまりはまだとても古くないと言えません


すべての病気

最後

でもあとで台風に似ていて、,,

日光は再現します


自信


日光が翌日再度昇りを信じるように自然です


信念に満足するのでさえすれ(あれ)ば

情緒は上がり下がりが要りません

自信、、は、自然とずっとありました