慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

目薬

買いました


買いました

😆🤣




ここ数年来

長期にわたり受けてひどい気体の影響があります

脳部の行く酸素へ不足しても視力が傷つけられるのをもたらします


以前

目のテスト、

優良に破れている表に


高速が走る中に依然としてとても遠い小さな字が見えることができます

ほとんど一瞬の間に内容が見えることができます


驚異的な視力から

なるのがぼんやりしています


毎回中毒だけが目まいがする時

目は張ったり,刺したりして痛いまで(に)開き始めます

次第にの

今ほとんど早く小さな字に見えない1匹の目があって、,,😥


とても悲惨です




社長先生の書く記述が見えます

日本に来る機会がある時必ず買わなければならない目の塗り薬を決心します


よい事の発生がありを期待します.....


視力を回復します


ほほほ😁😀😂

🤣



井之頭公園

井之頭公園

数十年後の今のところ、、は、もこれまでと少しも変わらないです


台風のあとでの世の変転だが

傾倒する大きい木

池の中で乱れている落葉

以前来た(住んでいた)所を訪れる私達の喜びにも減少することができません


すべて

すべて当時まで帰りました.....


みんなの様子の容貌はすでにもう1度へを継がなかったけれども


古い体の下で、,,

依然として若い心を設置しています


楽しいのは小躍りしてやみません

熱烈なのは話の内容と言葉遣いの中でそれでは失う長い間を縫い繕いを企みます


,,,


たまに揚げる笑い声

木の上の小鳥に比べてまた(まだ)要してたくさんに沸き返ります.....



*



日光


少しも容赦しないのは黄色の困惑する街灯を交換しました


別れの挨拶をします

いつも最も難しいです.....


.....


.....




吉祥寺の駅の前

店は次から次へと扉を引き降ろしました


別れの挨拶をする人

まばらなのはもう詰まりありません


柴田君とも互いに言って大事にして感謝して、,,

最後の人の群れが消えてなくなる前にあります




最後に曲結局は人のばらばらな不景気な夜の景色の私に近くにあって、,,


遊びにふけって帰るのを忘れます

何度ものは漫歩します




いたずらに揺すぶる電車

席が多かったです

すでに他の人がいらないで座席を勧めました


コミュニティ

静かなのは怖いです


抜き足差し足なのは家に帰って、、は、1夜間のイベントの猫に似ています






何ゆえが分かりません


昼間皆とと一緒に祈願する寺院の中の神さんま

あさっての朝にあります

なんと入って夢中に来て、,,


かつ2度はお金を入れて私のポケットにあります


夢に至って目が覚めます

経緯を知りません、ぼんやりする私

写真が見えます

やっとその日に切に願った寺院を知っていて、、は、は辦財天尊のです


本当に失礼します


しかし、,,


どうして夢中で現れますか?


まさか


神も私の境遇を知っています…?

たとえ…としても

表示を行いませんか?





面白いの外1章




期待.....

每週に学友と会います

すべての黒い雲を追い払いました.....




公園の中

たくさんの鳩


ごく短い纏足は丸々としている体を支えています

ふらついて揺れました

漫歩して大きい木の下で食物を探して、,,


のが卵の姿勢に孵化しているようです

両側の翼を開けて、、は、しゃがんで地面に座ります


…もある

争ってビスケットのくずお互いに攻撃する場面を食べます




鳩の種類はとても多いです


満たして可愛がりました

喜んだのはそれらを見ていて足で泳いでいっています


それらを受けて自分の心身を慰問しています.....


それではすぐ


いつも世界の存在を忘却することができます






柴田君は公園の一端の時現れます

更にまっすぐで夢中に捕らえて、鳩の影に追随しています

見落として正面人がい私に向ってまで(に)振る挨拶に着手します…







1軒のかわいい小レストランに来て食事をします


1つが有機菜食を主な店にするので、,,

内設置します

とてもかわいいです

食物ももとても美味しいです




実は


この日moliの情緒がよくなくて、、は、たいへん下がります

かつ気落ちします


原因は

隣は新たに入って若い人を運んできました

連続して何日(か)の燃やす芳香剤、、は、化学の成分のに付いています

きっと


そのため

moliひどい中毒


同級生と会う当日、前の夜、、、ますますひどくなってきます

何日(か)の毒素に累積しました

突然呼吸困難なことを招いて、息を吸う困難

歩いて足どりバランスを失います

目まいがします


頸椎の痛みは現れるまで(に)感を引き裂きます.....





同級生は聞きます

(もしもとても具合が悪く期日を直すことができます...?)


いいえ


私は対面のことができるのを堅持します


しかし前約束の場所とと違います

体が具合が悪くてだから家を離れるのを1些近くの場所選んで、,,

なぜかというと

私は良い空気が必要です

公園の場所があるなくてはなりません


このような


これで家の近くの少しにぎやかな小さな駅に比較して会いました






何日(か)は

食欲がありません

いらいら

心臓の力がないモバイル足どり、,,


だらけます

下がりましたの


伴っていて中毒した後に痛い頸椎

ほとんどいつでも気絶する体力と


最初

1の小さい道を行きました

注意深い柴田君(前回と新宿で会う時差がとても大きくないでくださいようなことを発見する)

[樸があなたをおしていて…ですか?を行きを尋ねています)


拒絶していません

平然としているのは彼の提案を受けて車椅子に座って、,,






食事をした後

精神は明らかによくなります

依然として車椅子で歩行に代えるので、、は、他の人のサービスを受けます😝


たいへん感謝する温める情誼

身なりを眺めていて優雅で、教養のまた善良で高くて大きくて格好が良い男の子がいます

私の心理はいつも考えます(どうして1人の良い女の子が現れない…ですか?)


当然です


ただそれは私は彼に付き添う1人の良い女の子がありを渇望します


彼の独りで忙しい処理をかわいがって生活します.....


私に付き添って母の普通な婦人のこのようにようなではありません






食後

公園に帰ります


公園の中

突然にぎやかになって


ひと山の子供は駆け回っています

子供の使う太鼓がまだあります

および神社の中のかごに似ています

(聞くところによると天皇が30周年祝うのだ…)


曲がり角の木蔭の下

たくさんの老人は座って車椅子上でひなたぼっこをします


同級生がおしていて通る時に、,,

老人達の好奇心があったのは私に対して疑問(符)の目つきで投げます

🤔


車椅子上に座ります

突然恥ずかしくなって






屋外の良い空気を引き続きむさぼり求めるため


咖啡館の外の歩道を選んでコーヒーを飲みます


いつの間にか

すでに1つの午後過ごしました

くらくらする頭痛

心臓の具合が悪い感覚はだんだん消えてなくなって、、は、はただ余る首の痛みだけがやみませんでした




楽しかったですの

つないで柴田君の携帯電話を得た中にその他の同級生の情報が伝来して、,,


それは同級生の中で

唯一夫婦の2人になりました


なんと


明日はちょうど東京に来ます

20年にかつて会うことがありません

なんと都合良いのは間もなく現れます


柴田君と、、は、は私達は狂喜しています

信用することはできません


歓楽


樟の木の下のコーヒーの席は揚げます

更に偶然に一致したのは


会う日を約束するのは柴田君の誕生日のその日で、,,





晩ご飯の後

同級生は堅持して私になって有機的な野菜を買いました


柴田君を見送りました


少し事の駅の近くの広場では吹いて涼しい風を襲いました

貪欲なのは立ち去りたくありません

(風向きが少し強いが)


バスが乗る前に、,,

頸椎が痛くてすでにたくさんを下げました


感謝する新鮮な空気

何日(か)からの苦痛を治療しました


バスの中

心の中は期待していて、,,

隣近所(の人)はちょうど休みになって遠方に出かけます.....


少なくとも


明日の約束の前で、,,


体はもう状況を出さないでください


人にいつもみんなの興味のに影響するのが心配させます






記述が終わる前に、,,


隣の隣近所(の人)が一夜帰っていないでに感謝します

今すでにたそがれに接近して依然として動静がありません


とても楽しく1つの正常な空気の週の休日があります.....


ありがとうございます