慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

晨曦

今朝の雲


同じ天気

微妙なのは表示して、、、またたく間の多種多様なその中の相違


このような変化を観察します

平凡な日のごとに中で自分をさせます

すべて至宝を手に入れたかのようです


大自然は私のプレゼントを与えます

慈愛の両親のようなようです

あります

平板な一生

数(何)千おなじな日

たくさんの同じではない記憶を持っていて回想することができます


なる

意識します


存在しない両親の時.....


追憶します


朝焼けと夕日に似ています


ただ私の心だけを照らします

私のからだに滞在しません


追憶を譲ります

なります

1のちくちくのが幸せです

1のちくちくのが苦くて渋いです


迅速に変える景色を眺めています

昔、,,

ただ残るだけ

しっかりつかめない悔やみ


瞑想の中

私の父

私の母


一生の中に、,,

彩雲と同じだは接触します


そんなにのが短いです

そんなにのは人にしのばせます



春節の天象


連続して何日(か)の明け方


南の台湾の空

毎日変化するのが尽きることがありません


突然の1日

たいへんきれいな朝焼け、、は、大地に震撼します

それから

10時(点)左右

重なり合っている山並みが現れます

似ている水墨画の景色

山の稜線ははっきりしていて明らかです

まるで本当にの万の重い山


ただ雲

変化するのが多種多様なことができます

宇宙間の盛大な宴会は本当に感心します




陰暦の元旦のこの日

お姉さんの全家族は来訪して、,,

結論的に

自分の別荘に帰って私達の何人かの兄の妹を見回します


去年11月の結婚する息子

すでに娘がありました


小さい生命はこのここ20年が赤ん坊の家庭がなかったをの譲ります

楽しみと新しい動力を満たしました

重病のお姉さんのためにうれしく思って、,,




去年11月

結婚式の時

moliはまた(まだ)坐っている車椅子だ体力のきわめて悪いのは喜ぶ宴会に参加します


今回はまた会います

なぜかというと積極的な治療のコースは極めて大きい変化があって、,,

お姉さんは驚嘆して言います:


あなたは今とても良く見えます…


私はすべて早く歩くことはできません(お姉さんの悲しいのが言う)




そこで

みんなは合い争って約束します

今年努力しなければならないのは先生が助けを求めるのに行きに向かいます

私のように高速のが効果が見えることができるのを望みます


私の心からの期待のお姉さんの病状は好転します


昨日夕陽

除夜の感想

今日は台湾の除夜です




お姉さんの別荘


重病の中のお姉さんが考える余裕がないため

ひとまず


花園の中のツバキを摘みとります

寂しい部屋をいくつかのあたたかい喜びに感染します




除夜の夜の今日

台南のお姉さんは

彼女の夫とと一緒に兄はつきあいます

そのため

私達のこの家係に属します

兄を主な場所にして、、、私達の兄の妹のみんな集まる家


自分の財産ではないが


しかし


私達のあった場所があって、,,

1つの家です


天にまします霊の両親

.....


このような1群の子女について

知らないのはみんなのがのびのびするのに喜ぶべきなので、,,

それとも


悲しいとの感じますか?




未来に

同じく祖先を拝むことができる子孫がもういないでしょう


なぜかというと

この姓氏の男性

その中の1人の弟を除いて娘を持ちます

(しかしすでに離婚する妻に従って立ち去った)

結婚して子供をもうけたその他の兄弟がありません


ほとんど最大のお姉さんと最小の妹を除いて

仏教のに従事していないで修業します

その他の5 6人

すべて出家の生活のようなことがあります


この世代、,,


私達の家で

最後1世代になりました




徹底的に絶滅しました




しかし

それとも努力する生活は最後の一刻まで