慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

結夏安居

結夏安居


「無事に暮らす」はまた「夏無事に暮らす」と語って、その意味は夏季にある旧暦の4月16日~7月15日ため、この夏の3月、出家する大衆の結び目界は無事に暮らして、両親の師長の三宝の事ではなくて、アウトになってはならなくて、修行に力を尽くして、


その原因は仏陀の時代にあるため、インドの夏季の雨季は3ヶ月の長期続いて、あるいはすべての僧徒は山の間で禅は決めて、あるいは木の下で行を通じて(通って)、そのため奥義は常に雨量のために流失して、夏季の時、地べたの虫のアリは常にはって進んで食物を探しに出てきて、僧徒達は沿道で乞食をしてどうしても踏んで地面の上の虫類および、粗雑な木の新しい芽を傷つけ(損ね)て、だから仏陀が哀れみに基づくので、在家の信徒達のがそしって実際にはの需要が嫌なことをおよび、免れて、すぐ夏季の3ヶ月制定して、出家する大衆は界の内で向上する努力する夏は無事に暮らします。



🐕


今年今まで

心を悩ます小さな事が多いです

そのため

ますます世の中の苦しみの悲しみを感じます



muragon

ここで


moliは多い読者の細やかな愛を受けました

内心はずっと満たして気持ちを感謝します

🙇


…ため

たくさんの事の感嘆を受けます

同じく絶え間ない修正は自分は人/物/事の大切にして憐憫する表現方式に対して

もしかすると

やり遂げることが完璧できないのが

利益他人


しかし

努力する心


次第に完璧になることはできないが

自分の唯一の現行で、,,

望みます

みんなさんまは負担を軽減します

とても気兼ねした必要はないのは私の記述で通行します


細やかな愛が私の一人一人を過ぎるのに感謝します

およびかつて顔を出すことがない一人一人


ありがとうございます




ひたすら願います


[結夏安居]同じ意味に


天地の万物

人々

すべて平安です


続く日の中にあります.....


夜の露

雨が降らない春

ようで、、、砂浜で座礁する魚




雨が降らない夏

…ようだ、,,

瓶の花に差し込んでいません






*


驚異的熱波が



夜現すのはぬれて冷たいです.....




薄くて小さい布団の裏

からだを彎曲して聞いて水滴の下ろす音を現します


ひさしの下で、,,

あるいは雨










できない旅ですか?.....




再度の


なります

無口な運命の屈服者、,,






廊下の軒の露


かたかた

かたかた


音が落ち着いています


湿っていて冷たいです


静かです




ひどく暑い天気の類の脈打つ心にあります

…に


冷却します.....









无言独上西楼,月如钩。

寂寞梧桐深院锁清秋。

剪不断,理还乱,是离愁。

别是一般滋味在心头。

スイミツトウ 水蜜桃

桃園県復興郷


原住民の部落

スイミツトウの生産する場所です

その外

たくさんの高くて寒い果物もあります

野菜と花卉


moliはモモを偏愛しますね~😆🤣




おととい

台北の高熱のためです

また再度山の上で逃げてきます


当日起きたのになった後にすぐに出発を決定するため

昼間の関係

くねくねと続く山岳地帯に沿ってゆっくりと通行するのを決定します


長い間このようにののんびり楽しむ気持ちがありませんでした

実はとても長いのがでもありません😄


途中

大渓を通りました

膨らし粉と氷砂糖を買います


大渓を離れる前

市街区のある小学校の道の側にあります

地面は何人かの人にしゃがみました

目の前

ぱっとしなく見えるスイミツトウをレイアウトしています


目ざとい私達

すぐに知っていて、,,


これは原住民は自分で山を下りて売る果物を仕入れます


すぐに下車して買います




6月のモモ

そんなに大きくない粒

大きいまたきれいなモモを食べてまた1、2ヶ月待たなければなりません


とてもこんなに小さいモモの私が好きなのではありません

たいへん食べたいため

だから試みたのはいくつか買いました


意外にも、,,


とても甜です


とても~~~を気に入ります




大渓

位置してふもとの復興山下で(拉拉山)

復興山を沿って下りてきます

大渓に接近する前

だから大統領[蒋の中正]の陵墓を通ります

"慈湖"


復興山の上で休日人気がある行く先ため

だから

以前

この季節によく山に登ります


休日(わりに多いに比べて休日しかない)

道の両側にでも野菜・果物の原住民達を販売するのがいます


近年

moliはすでに常に休日に向かいませんでした


黒山の人だかり

自動車の排気ガス

道はふさがります

つぶす時気を使います


実は


これは山を過ぎます

moliの居住する山と

交換する道があります

以前は

すべてすでにを尋ねて訪問しました.....


山の中の環境


ずっと、、は、最も愛します