慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

沁涼夜

夜の前半

腹が痛いためです

裏庭まで行ってトイレに行きます


手洗を出しました真っ黒な空を仰ぎのぞみます


頭の上

ちょうど牽牛星/織女星が見えます


沁涼です


近日

いらだたしいのは目まいがします

目が腫れて思いに伴っています

これすぐ

目は、ずいぶん心地良くなったようです



すべてを修復しました


なでてすべてのに平撫になりました.....


雨夜 孤独な猫

山の部屋

非常の小さい窓がまた少しのため

室内が風を通すのはそんなに良くありません


…が

moliは家でいる

6枚の扉のその中の1枚を開けるのでさえすれ(あれ)ば

1枚の巨大な窓を形成するのが同じです

しかし

それでも、、は、風を通して効果はとても良いのがでもありません

特に

料理の時

依然としてmoliガスが中毒するのをもたらします

目まいがする頭痛

かつ

中毒して目の短いのを招いて失明することがありますためです

人に恐れさせます


その後


ご飯を炊く時間が屋外にある車をよける中にあるほかありません

料理の任務、,,

すぐ風を通す不良のためです

交付して友達に料理を手伝います


料理

私が好きです

それから楽しみを失いました


ある日望んで、,,

理想的な環境が見つかりました

重い拾の料理の食物の楽しみ





今日

1月曜日の回の料理時間です


慣例の

moliはまた車中で待ちます




連続数日の雨

車の中で暑くありません

も日に焼けていなかった後の毒の匂い


大体心地良かったと言えます




車の窓の外


1匹の目の失いました猫を (小美人)

孤独でしたの

独りで座って軒下で私に付き添っています


家屋が道での側であるため、,,

moliは無口な個性に属するのです

そのため選択は車中に座って、、は、は免れて往復する隣近所(の人)は顔を見せてと挨拶します


さすがに

多くの事は1つ1つ釈明することができないので、説明した必要はありません


.....


孤独な猫

1人で私と


静かな雨の夜に

私達はお互いに心で双方を抱擁します

これを共有するのがひっそりと静まり返ります


ついに

(小美人)石段を下へ跳んで、、は、やみ夜に身を隠します

車の中の自分が残ります

黄色の街灯の下で、、は、独りで記述のを完成して書きます


古い伝説

俗称(鬼月)の夜にあります

通常単独でやみ夜中のに滞在する人がいることはでき(ありえ)ないです.....



実は

今日の午前

隣近所(の人)は終わって数週の喪期を

仏事の時に濃厚に毎日続けているひどい煙霧の匂いがあります




全体の陰暦の7月


毎年

すべてmoli最もたまらない月で、,,


(鬼)の関係のためではありません


人のためで、,,




どの家も連続して焼香します

慰霊用の紙銭を燃やします

爆竹を鳴らします


雨の下のどれぐらいにも関わらず、,,


空気もかつてよくなることがありません.....





このような状況


必ずまた半分ヶ月我慢して、、は、ようやく終わることができます





いずれにしても


感謝します

短い1時間ぐらい

車の中で隔離します

夜清潔だと言える空気に呼吸して、,,


称することができるのは

この何日空気の最も良いのは1時間になりました


一連が具合が悪くてこれに加えて目まいがするため

moliもこのような体力の下で外出してたぐいを避けるなことができません


も受けていることしかできないのについて、、は、我慢しています


甚だしきに至ってはネットを操作することができません.....


幸い


毎日の夜

寝つく前

[大休息式]の方法を選びます

リラックス脳部と体、、は、少しのゆるやかに調子が悪い効果を得ます




しかし


大変なすべての日


実は

この静かな夜と1丁の注文する良い空気の下でだけが必要です.....


何は悩み煩っていすべて存在しません


想像、,,

深夜出没する猫

実は人類の知ることができない知恵があるです


なぜかというと

夜歩きをします

深夜の静かなの思い慕います

すべてもっと心身の重要な時間を取り除くのです


当然です

無事に寝つくのもとても重要であるですね


おやすみなさいみんなさん~~~

😊





雨は止まりません

この2日間


中庭の中の猫(小美人)

突然多くなって1匹は連れを遊びます


やせっぽちで若い猫

小美人の気にかけない食物をは礼儀を尽くして譲ります

更に奇怪なのは、,,


昨晩始まりました

たまに小美人が彼を呼びかけるのが聞こえます

雌に似ている猫小猫を呼びかけて同じで鋭い音を出します


差し迫っている音.....




彼女から1つの目を失いました

すでに孤独な生活したのは月を数えます

間近ないかなる猫がなくて、、は、私達しかありません


そのため

ふだん私が帰るのが山の上ですべて喜ばしくて異常なことのがが見えます


今日

また彼女がこちらの新しい仲間を呼びかけているのが聞こえます


差し迫っているです

頻繁なのは探していて、,,


突然


私は意識します


彼女は心身の病気を得ました…?


初めは心配し始めます

感傷的になるとも感じます


以前は

(黒い鼻)この猫もです

けもの器を補うにはさまれて足を切ったためです

その後なぜかというと孤独であるです

夜通し

昼夜の悲鳴

絶えず

たまに現れる1匹の小猫を呼びかけて、,,

この状況

時間は1年余り続きます…


本当に人に捨てさせません





(小美人)この症状ではないをの望みます


可哀相な子供


最近腹はまた大きくなってようです




心配します

暗い天気のようなようです

止まらない雨

人を窒息させます