moli's in 2home

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

無所求 (完)

飛行機が空港に到着する時


母も出迎えに来て、,,

悔やむ母

彼女の分厚い大きい手で、しっかりとのは私の小さい手をしっかりと握ります

言葉は涙にむせぶ望みがあって私を迎えて家に帰ります


この時moli

多種の情緒のためこもごも至ります

かつ

骨のとても硬い個性、、は、歸の台北家を拒絶しました




moliは台中まで(に)漢の方医者の友達の医療から、を選びます


はるかです

このような気持ちの下にありたくありません

温情に包囲させられます……

(このごろが同様で、、は、もむしろ孤独でもよいのが癌、直面して多すぎる温かみを望まないで意志に磨滅するです)






帰国した後

体を回すことはできません

姿勢を変えます

毎日漢の方の医療を受けて、、、しきりにの薬

勇気がない直視する長い針まで(に)(鍼灸)

体の各所、よくいっぱいになった針に挿し込んで、,,


このような日

およそ半年通ります


進展がありません


ある日


突然でしたの

moliは配慮私の日常生活するの友達を求めて、,,


:救急車を呼びましょう…

私を台北の台湾大学医院に送ります


:へ~駄目でしょうか?こんなに遠くて、救急車は送ることはでき(ありえ)なかったです


:すこし見てみて、、は、お願いします


堅持したのmoli

決定……


運命

そのため転換しました






台湾大学医院

主任の医者

1人は日本語の中年の医者を言えます

温和なまた可愛がる治療moli、,,

毎日

後ろに一群医学院のインターンに従いと

朝病棟を巡視する時いつも……

:よ~おはようございます

この美しくてかわいい小足、、は、今日変わりないか?


その後

病院の若い医者は言います:あなた達は親戚ですか?(主治医と)どうして特にあなたを配慮しますね





いくつか種類の類固醇の薬物の下

moliは改めて立ち上がりました

しかし

長期にわたり床につきが現れて、体の多少後ろにあお向けるおかしい姿勢、,,


重点


類固醇はひそかに停止することはできません

それから

巨大なmoliがも現れました


皆樣は想像することができるので、,,

言うことを聞かないのmoli

家に帰った後

とても速いのは自分で薬物をなくしてしまって、、は、とても臭い薬を飲みが嫌いです


もう少しで死んでしまうところです


突然薬物を切りました

もう少しで人身事故が起こるところです




苦痛

また病院に行くことを承知しません

ついに……

苦痛の中で辛抱してきます

次第に回復して、、は、は恐怖が自分で薬の行為を止めて、まねに適しないです






この時

不安定な足どりに揺れます

歩いてやはり(それとも)支え助けなければならなくて、,,


私がこのように苦しめるのが見えます

そこで私に教えます:

1つの場所があって、私はあなたを連れて行きたいです

もしもあなたもいやいやながらな必要はないがの好きでありません


そこで

いっしょに陽明山の下に、ある高級の別荘に着きました


中1人の修行する先生で、、、在家の居士

仏教の知識に関していくつか聴取しました


帰っる時

こちらの煩わしいものがない在家の居士:

もしも

1分後あなたはもうすぐ死亡します

それでは、、は、すべてのをおろして悩み煩っていと自分の事を悩ませます

一心に念仏を唱えて、集中して仏号で行きます

何(で)ももう考えありません

結果をこのようにすこし見てみてどのようですかのことができますか




帰った後

moliはこのような考えがとても目新しいと感じます

そこで

毎日一心不乱に念仏を唱える号初め


連続3日、,,

眠りの中で泣いて目が覚めます

連続3日

眠りの中で笑って目が覚めます


その後のmoli

体は次第に回復して、、は、回復したのが正常です


あれらのなしはの、限りがない病気中で助けます

観世音の菩薩の聖号の続ける支持したの私

28才普通生活帰った

第一間の大きい家をも買いました(45平)




今まで、続けたのは念仏を唱えます

このようなに好きになるのが落ち着いています

行ってたくさんの雑念とつまらない悩みを除きます

異なる人生を開いて模式を考えます……




仏教に接触します

たくさんの異なる知識を読みました

生命を理解した中の苦しみと樂、、は、は実は自分からの観念は変えます


ずっと温和なmoli

そのためもいっそう慈悲で丸い解ける真の意味にわかります


愛で

払うがのがたくさんです


しかし

どのように愛なことに行きます

どのように苦い事を回転してなしの求める慈愛になります……

きっと知恵を授けて悟りを開かせるのです(醍醐灌頂)

心がぱっと開けます


このごろ依然としてたとえ巻き付く病気のこの肉体に直面しますとしても

しかし

気持ちがすでにそうではなかった前、、、どうしてそうなった?

…だ


苦痛になるのが臨時に来ます

少し時間が使って関心を持って、,,

1人の古の友人(肉体)を配慮します

不平をこぼした必要がないので、質疑した必要がありません

温和なののは彼を受け入れるのでさえすれば

悩みのに起きません


受け入れます




(完)


🙇💕🌹


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。