moli's in 2home

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

無所求 (二)

腎臓病の関係

腰部のすでに腫れる成の1つの水泳の救生圈

とても硬いののは引き分けすることができなくて横たわって、坐っていて寝ることしかできません

尿をします

ずっと作れません……


この時moliはすでに入院してもうすぐ1年になります

医者も赤色の単子(病危)を出します

家族が受け取って帰って考えるのを望んで、,,


この時

1名の努力して求める男友達がいます

自らの意志でmoli’と‘’沖喜‘’




民間

言い方があります

“沖喜”はそのため危篤になる人回復することができます

そこで

茫然としているまた捨てない家族、、は、私のために婚約式を開催しました




その夜

病院に帰ります

夢を見ました

この時はすでに18歳のmoliだイエスを見分けてあるいは觀世音菩薩を見るのにわかります


しかし宗教の信条がありません






この日の夢の中


一面の果てしない海

向かい側の海上から歩いてきた純粋な白色の服の観世音菩薩

手の上で1人の子供を引っ張っていて、,,

ゆっくりは目の前に着きました

いかなる言語と表示がありません

続く画面

moliは彼女の手のもう一つの辺の引っ張っている子供になります

画面の中はあっという間にいっしょに立ち去る後ろ姿です……


翌日の朝

突然イタリアのmoliに尿をしがいます

ついでに1つの病院の準備したのを持っていて採取してガラスの瓶に尿をします


出てきた後

この瓶、、は、三分の一白色の沈殿物物をいっぱいにしました

つまりたくさんの尿





家族はきわめて泣いたのが取り囲んでおりるのを喜んで、,,

3日目

医者の言い付けによって、退院しました


退院した後

すぐ引き続いて19歳の誕生日来ます……




これは初めて深いのが観世音の菩薩の印象に接触するのです

深くは私の魂の深い所を






その後

ある恐ろしい原因のため

moli断固たるは婚約を拒絶しました

早目に問題点を発見して、とても幸運な事です




しかし

大いに病気になった後に、次第に全快したのmoli

引き続き勉強する縁そのためのため失います

それから社会に入りました

、,,




第1回の仕事

中日協力の会社にあります

同じくそのため

日本と現れて今日の深い縁まで(に)つなぎとめます


え…

いいえ


実は高校の時代にあります

アルバイトする時すでに日系会社にありました

その時

日本のは上司を派遣します

親切な教えの私のタイプライターの使用法







第2回が観世音の菩薩に接触した後

仏教の認識をも開いて、,,


それも一回のひどくて痛ましい病気です

実は恐れるためで、その上無知に病状に延長させます


日本人のある君が結婚した後

2年目

突然な卵巣の腫瘍手術


手術は台湾で行います

まだ活力を回復していない時、,,

母はいくつか事をそそのかしました

保守的な観念の彼女、私達の夫婦が隔てるのが遥か遠いをの望みません


いらだたしいmoli

不満な情緒の下で、、は、憤ってい東京に戻ります




活力の大いに失うその時

ちょうど厳冬に当たります

夫の仕事の多忙な下、、は、はなすところがないのmoliはよく自分で百貨店まで(に)遊びほうけるほかありません

なぜかというと

その時moliはまだ能力をつなぐとても良い言語がありません

地元の人の友達がもいません

温室の百貨店の中ので喫茶店があって、、は、はmoli唯一の行く先です




昔が全く同様です


この日

雪が降っています

また近くの百貨店に来ました


今日

暖房の明らかに開く比較の高温

異常があたたかくて、,,


いくつ(か)の時間

とても速い過去

夕食の頃を目の前に見て、同じく家に帰るべきでした


夫は一部の仕事を残業に持ち帰ってきます

そこで

疲れて丸1日のmoliが先に寝つきます……


実は、,,


人が身も心も軽くなっていた後

症状はかえってすぐに現れます

これはいわゆるです

昼間の精神はすべてアドレナリンに頼って(寄りかかって)支えるのです

休眠に入る時、、は、防衛する構造を失います

(それから思い出し始めて、元凶は暖房が中毒するで、吸い込みすぎます)






熟睡する中

moliは突然大声のは苦しんでうなり始めました

苦しんでうなって、、は、うんうんうなりました

双方が上に向かってむやみにつかみます

最も引受人は頭に落ちて行って、自分の頭をしっかり押さえます

この時

すでに寝返りを打ったことはできませんでした

勇気がないのに動いて動きます……


一方でとてもびっくりした夫は聞きます:どうしました、どうしました、,,

苦痛なの言葉moli、止まらないことしかできないのは苦しんでうなっています




救急車が来る時

隣近所(の人)の奥さん:しまった…本当に可哀相です

あなたの娘は病気にかかりましたか?


夫のばつが悪いのは何回も笑います


やせっぽちで小柄なまた子供に似てい見えるmoli

ずっとすべて人に誤られるのが未成年だ






大雪の中

東京病院の中

忙しい夫は毎日病床の側で働きます

病院

たくさんをして検証した後にと骨髄を抜き取っています

とても茫然としています


約1ヶ月

moliは必ず自分の国家に帰らなければならないと感じるのを始めます

比較的明確にする言語で状況を検査します

かつ

病院の中で働いて、夫と会社にとって、、、

すべてかなり悩ませたのです


そこで

電話は台湾の友人に来てもらいます

病院が直接送る上から飛行機、,,


当時の飛行機

幸い今ではありません

広々としている席、、は、はmoliはやはり(それとも)1の全体のひとつの列の椅子の前でのに横たわります

今のところ

恐らくとても多い費用を支払いましょうか?



待續……


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。