慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

牛のお母さんに向って敬意を表します💞

1、2年になりました

体の状況は乳製品を受けることができません

思いがけず、今回は日本にありますか?改めて体の上の認可を獲得して、たいへん意外です


原因は……

日に日に寒いです

平日食用したもののただ固定的な数種類

そのため、熱量が不足するに状況で

外出する時現れたのが抵抗することができない冷たくて、、は、脂肪に不足します

ある日

突然“菜食主義者の脂肪を、バターから摂取することができます”

そこで

ほとんどバターの存在の私を忘れて、改めて食用を試みています

思わないで、、は、は体がもう、を受けることができるようになったのは本当にとてもうれしいです


結末は

これらのバター、チーズが食べた後

当日の夜に電気カーペットが開いていると思って、体は自動的に発熱して、本当に牛のお母さん達の貢献に感謝するのです……

生命は続いて、また殺生して脂肪を摂取することができる必要はありません

感謝します~





“霜葉勝於二月花‘’

--- 杜甫 ---



乙未年の冬🌸🌸🌸🌸🌸









北の国、すでに“大雪”の季節を過ぎて、依然として雪が降る兆しに会いません

10数(何)二10年前の東京

12月に第1度の雪片があります

その時亡き社長の真田先生、いつも第1切れの雪片が下がる時

家の電話は必ずすぐに鳴り響きます

“雪が降りました……”


口数が少ない真田先生

ひとつのがまるで仏教の言った“33日界”の中から訪れるのが世の中の生を受ける人まで(に)普通です

よく私達は晩の小飲食店で双方に会います

うなずいて外、ほとんど話し合っていません

真田先生はいつも1本の酒だ1匹の魚

ほとんど食事をしません

やつれている青の怖がる顔立ちの中で、ひとペア深いの現さない目つきを隠しています

彼はとても少なくと他人が事を議論する時このような光芒を明滅しだします

しかし

低く頭はただ飲んでいて、常に頭を上げない彼

たまに眼光の気をつけないのが私に眺める時

私 あの深い眼底の迅速な概観を捕らえました


その時、若い私

刹那彼の魂の深い所からの電磁波を見ました

それは内心の中から出したのです

配慮する目つき

あのようなが温和で、1人のやはり(それとも)若い女の子の私も知っているのが出るのを弁別することができます

本当の話を言います

このように深くちらりと見る目つき

一生の中に、私は何度(か)ただ接触したことがあるだけ

それは

使って、心は話をしていて、表現する人材の現れる目つき

このような人、すべて少しの言葉で、しかしもどんよりしている

……


聞くところによると、33日の界の人々

一人が好きです

双方の目つきは深く眺めるのでさえすれ(あれ)ばと、、は、1人の子供を産むことができます

段階はとても高い精神の領域です

このような人

すべて塵に墜落して、内心、相当する苦しみ…

*

ある年の第1切れの雪片の下がるあの日

電話の音が鳴り響いていません

雪が降る日

寂しいのにもなって往々にして思い出します……



暖冬ですが

しかし、長年東京の私に帰っていないで、すでに世の変転に歩いたことがあるのが無数でしたでした……

こんなにあたたかく日光の冬の昼間があります

冷たい風に耐えられないで襲う痩せて弱い体を吹いて、心臓はほとんど中断を緊縮します(苦笑)

33日の界の真田先生に帰りを知らないで、心のこもっている配慮の目つきで苦難を被る私に眺めているかどうか?






私がとてもくたばりを予防するため

ご多忙中、夫は依然として私のためにの保温する道具を探してきました

あなたどれに感謝します……

配慮を獲得して、時には喜びがでもありません

むだに増加して恥ずかしく思います




ただ

33日目界の才能の夫がいません

1人の自分の領域国家を集中した人から来たのであるようです

密接な問題以外、ほとんど分野(結論的に顧暇がないで)の人の世間があまりできないで比較的大自然の製品に接近して、,,

しかし

依然としてあなたがなる感情に直接になったのに感謝します

あなたの恩情を受けました

もしかすると

このような人……幸せです(いずれにしても)

*

世の中

善良で、あくせくするの庸庸にたくさんあります

あるもの多情できめ細かいです

先に出し惜しむようにもあるのがのさばっています

様々で異なる個性のごっちゃにする世界の中

1鍋の大きい鍋の料理に似ています

混沌としているのはすでに人を身を置いてどうして味を知らなくさせます……?の環境

困惑します

よく私のあまりにはっきりしている後の副作用です…

血清はあっさりしていて高すぎるでしょう…


今夜

風が大きいです 雨は止まりません

ひとつのが黙々として外の魂で駆け回りがいます

天に昇って親切にすることを彼望みます

望みます

彼の体にある寒い風雨に下がって、すべて彼の力の限りを尽くしてのため熱風のチョロギに変わって、それによって受けません

望みます

このように払う魂、今生いつまでもちょっとした軽い病気を受けなくて、健康です~


屋外の風雨は強いです

風に当たります震動する扉と窓、かたっというこだま

街灯小さくて明るい室内を通しました

布団の中の中で縮こまります

茫然(漠然)としている世界は常にふさぎこんで私をさせますが

しかし

よく

このような1つの独りで存在した時空の下

経験するの静かでめでたくと感謝するのです

この時は幸福がめぐったのです




外奔走する魂ですべてを感謝します

払うあなた達の大変なのがあって、私があってこのようなただ憂うつだけができますか?返報する力がない恥ずかしく思う生命はあたたかい布団の中の中で恩恵を受けます

この冬今後、をひたすら願います

すべて、またこの世界のレベルに帰ることができます

&

天馬行空だのがと血清あっさりしています

この世界の敵対している普通とようです

もしかすると

この気持ちを片付けます

憂うつに騒がしい世界の後ろで身を隠させます

甚だしきに至っては

もう取り出しありませんか?、、、これ、私の世界に属します………

忘れ去ります

捨てます

ふさぎ込んでいるどれです……


人で

先に心で病気になります

後病気はからだ

ああ

薬を求めてはなりません

その薬は自らを棄てます


薬と病気、病気と薬、、は、わずかに残して思いますと


長い吾の心、、は、大雪が降りしきって来る前に……ある冬








“漣漪‘’

あたたかい日光は土砂が舞いどんよりした天気を追い払いました

非常に大きい木の下でそびえます

街頭の芸人の親切な公演、傍観者も激しい拍手でこたえて、ここで日本の平日厳しい顔を探すことができないで、笑顔は熱々のチョコレートの類に似ていて解けていて、とても甘い味は空気中で起伏して、,,

きわめてこの15分のを引きとめておきたいのが永久不変で、、は、はカメラがまっすぐです絶え間なく起こる……


吉祥寺

20年前に毎日授業を受ける場所

朝いつも百貨店の向かい側でいくつ(か)のおいしいパンを買って学校に連れて(持って)きます

いくらかある時

午後同級生の公園の側の喫茶店と夕方まで縮こまります

時には豪胆なのは10のいくつ(か)の同級生を宴席に招待していっしょに5日市のパンのコーヒーレストランまで(に)大いに1回食べます

当時、社長の夫人の私にとって、ご馳走するのはよくの事で、重要での、若い顔達は同様に親切な人生と純粋な情を持っていて、金銭ただ旅の中の道具、、は、心の通じ合っている障害、その時あるかなくて、ではありません


車椅子の遅い歩をおしていて移動していて、時々足が柔らかい時感謝したのは乗っています


湖辺

竪琴の演奏者、指間のきわめてなめらかなのはつるつるに人の曲に出動さします

軽声のは恐らく湖面のカモとこまやかで心を打つオシドリに驚かしていきました

私は停止してこのようにやさしい心の男の子の側に持っています

沈黙したは聞いています……

日光

流れ落ちて音楽の指の股を奏でていて、鎧甲を身につけてこの男の子のが出すにと背中の上でことづかります

後ろにの湖水の中で、しとやかな野生の鳥の一族達の悠然としているのは遊びほうけています

次第に黄の赤くなったもみじ

映っていてかすかに波打つ湖面、静かですか?韻律があって、起伏しますか?激情がありません

婉曲で含蓄がある琴の音のようで、空の果てそれなのに耳が存在する時から来たようです

痕跡の一面の雲ことができないで生命をさっと過ぎるようで、なめらかでの、漂い動きましたの

気づいたのは刹那すでに消えました




天使は類の冬の日の日光の中で現れます

寒くて勇気がなく顔を出しました

苦くて渋くとすべて森林の隅に隠れたのに心が痛みます

人に知られずそっと姿をくらます虫

異なる生命の境地の中で旋回して、、は、は何はあなたの追及がと究極ですか?


生命の中

たとえ残すとしてものが少しも苦くて渋いです

しかし心の湖の中で湧き始めるさざ波

?口もとのかすかなのに高くあげ始めさせます




海の潮汐、、は、は湖の中に入ることができないのです






そのため

風、たまにしわ湖面を吹きました

にぎやかに尽くす人生を退いてかえってとを悟るのが恬然な外の一種の入念なのがある譲ります




胸は茫然としている喜びと少しのさざ波を含みます

夜のとばりが降りる前に、からだ過ぎる夢遊病でふらつく人を拭くに投げて最後にちらりと見ます

往来が盛んでにぎやかな足はまぶたの下で往来が頻繁です

これ

あなたはある程度得ますか?

生命

上がり下がりのは情緒に恐れますが

しかし

自分の弦をしっかりつかみます

とても柔らかいのは奏でていて、それを譲らないで傷つけるのになります……

見守っています

そびえて静かな湖に入りを驚かしありません

尽くしたのを退くのがにぎやかです

黒く出す中に急に現在の白髪のようなようです、そんなに非情です

あっさりしています

そよ風に似ていてしわの湖面を吹きます

1ちくちくさざ波

?湖底をかき回している下に、熟睡する生きる経絡


脈打つ心を感じます

盛んに沸き返っていません

?心臓がドキドキしています

すばらしいです




禅定に入る古い僧、心、暑いではない…