慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

得之 我命……不得 我幸

台湾の企業家の張栄発は逝去しました

彼は言います:金銭は転々とする利世の物で、独りで持つべきでなくて、

寄付して公益になって、子孫に残しておきません

を得るため楽しくて、同じくを失うため苦痛です


人生の中

あなたが得たことがあるのが無数で、あなたも失ったことがあるのが無数です

得る物事

生命の過程の中でについてたいへん一人で奮い立ちを前進する力激励するのです

しかし

たぐいの時を失います……

とを粉砕するのが憤怒していて、よく人そこで持ってことがある感謝に対して理知がありを喪失しましたと


確かに前のが伝えるようです

失って、人の苦痛をさせます

得て、人楽しいです


楽しくて苦痛な間、生命で暴風雨と晴れの自然な現象だけべきなので、、は、はこれは私の感覚と感銘です


人生の道

私は無数ですばらしい記憶がありました

破損するもあります耐えられない経歴

しかし

私はすばらしいののをすべてむしろ良い天気の普通にしてもよくて、常に天に昇る恵みに感謝します

不幸な境遇が臨時に来て、ひとまず(しばらく思う)暴風雨の日として、いずれにしても、、は、はこのような天気はいつも向こうへ行きます

まして、このような気候……恩恵で、人を心を静めて休養することができるもっと多い時間があらせて、出航を待ちます






あなたはどのように苦痛で楽しいのを評価するのなのにも関わらず

古人は言います

(得之 我幸,不得 我命)

得ることができて、運命です

できなくて、幸運です


どんなにさっぱりしている人生の境地…






望みます

もしも必死の頑張りへりがある人

神は1つの巨富の悟った哲理まで(に)

心に古人の知恵はっきりわかりを感じます

得と失

浅い方面のがただ自分を評価するだけです

更に深層の

私達は寛大な許しを使うべきで、闊達としている、海と同じ心……波は波に来て行って、自然なののは生きていて、波の類の境遇と上がり下がりに順応します

そんなにすぐ負傷する時、ただも外皮の浅層のは傷つけます

内心の例えば動かないあなた

掲げる共振のもののようで、、、揺れる後で、停止しましょう…


得之 我命

不得 我幸


どんなに広々としていて豪胆な人生…






しかし……日本は本当にとても寒いです😉





山のようです🎁

山ので重い配慮😊


同級生は私の健康のため、注意深いのは有機的な食物と米を送ってきて、感謝します💖👍😂


これら……またとても価格高い食物で、、は、どうしたらよいかべきですか?

不安の中😔





💖💖💖 ありがとうございます~

丙申年の感動💖🎺😂🍻




10数(何)二10年になって、とても少なく日本で新年を祝います

寒すぎます

その他に一部の原因は……

日本の住宅が日常で、台湾それでは活況のようだ活力がありません


そのため

もしもまた寒く事もなくてすることができて、通常時間がとても惜しいと感じます

台湾に帰って他の人の活力を経験するもとても良いです…


今年何とか1つの貴重な集まりの新年を過ごしたのを待ちます

ここの新年

住宅、街はすべてひっそりと静まり返ってで、台湾の無人の深山で身を置くようです

カラスの音を除いて、、は、、〓〓〓のがさっと過ぎる外に咳をする音もあることはないです……とても静かです

日本、1回の爆竹さえありません

しかし、私はこんなにひっそりと静かな感覚が好きです……


しかし

1つの場所一定があるのは人山人海で、駐車スペースを止めて探しにくいです


神社


初二

私達は喜び勇みます

太陽、夏のように暑いです

目標は近くの深大寺です


……

1周巻いて、駐車スペースがありません

離れるほかなくて、、は、烏竜麵を食べにいきます

……


烏竜麵を食べる原因

最も今年で、、、感謝する1件の事

菩薩、まるで私の内心の音が普通なことが聞こえます

奇跡を表示しました





1年半になってから

有機的な米と小麦粉の自制する麺あるいは餅を除いて……外

なにかないで食べこんで出血することはでき(ありえ)なかったです

そのため、半分の苦行僧の類の日を過ごしました


日本にあります

天気がとても寒いため

そのためできるだけ早く必ずいくつかの寒さを防ぐことができる食物を試みなければなりません

固定してこの2種類の食物を食べるを除いて、とても幸運な増加した有機的な野菜のハクサイとほんの少しのホウレンソウ

かつパンのバターを塗っても食べることができて、そこでこの熱量まで(に)享受します

それ以外に

始まってと先に優格のこの乳製品を試みました

……

このように

2ヶ月向こうへ行きました

3日平均してひと箱食べて、勇気がなく多く食べます…







不思議です

東京の金色の夕日に似ているのが翌日の金色の日の出になるです


優格、,,

この平凡なの食べると甘くないアイスクリームのもの

2ヶ月以降に

不思議な反応が現れました

聞くところによると全体の腸の健やかな胃のことができるを除いて

本当にどんな効果がまだありを知りません……

意外にも

優格は私に奇跡のような効用をあげました

私はいくつかの普通の人の食べている食物を受けることができるようになって、かつ状況、これを出していません……本当にとても感謝したのです


1つの予想していなかった非常に不思議な事件

足します

年と年の間をまたがり越えます

同じく同時につないで17~8年のいまだかつて連絡できたていない同級生の返事を得ます

これらの事は深夜念仏時私を譲ります

感情を抑えきれなく、目のくぼみの側で小さい池を形成しました……決壊



1/9日の再会


私達は年齢差の同級生がいるのですが

しかし

私達は一家のようです

とを感動させるのが楽しくて、当日のレストランを満たしました

楽しみのあまり

その時

不安はおよび、恥ずかしく思ってもいっしょに存在して、,,

なぜかというと……

こちらの同級生は私の健康のため、高価な漢方薬の材料を使って私にあげるのを贈呈して、、は、本当に申し訳ありませんでした


その他は琉球の同級生に遠くにいて、携帯電話を通じて当日にもあって、彼らの配慮が伝来してと懐かしみます




様々な喜びと感謝するの……

1年での初め、すでに私のうれしいのを涙がほろほろと流れさせます

願いが成立していないで神社に向かって初謁

しかし

菩薩はひとつの忘れていません……一心にただ伝達するちっぽけな生命だけを思います


2016年は良い年で、感謝する1年