慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

努力中,,,

南台湾の帰って来る当日の朝、、は、病気にかかりました




この前何日(か)

たまに軽微に下痢をしができます


出発するこの日を


早く起きてトイレに行きます

また下痢をするのです


もとは再度部屋に帰って少し寝たいです

延着してまた出発して、,,


突然の


寝台の縁辺の私に行きます.....

頭の非常は気絶します

平日目まいがする感覚のようです


すぐに、,,

ベッドを支えていて座ります

それからゆっくりと横たわります


この時のくらくらするの

寝るようだ綿が積み上げる中にあるようです

かつ

頭部に供給する酸素がないと感じて、,,

心臓

経験するのが水の粘土を塗って封をすることに住まれる同じです

呼吸することができません


この時

兄は中庭にいます

友達もバゲッジコレクションに忙しくしています


彼らに教えません

独りで部屋の中で努力して自分に応急手当をします




このような


昼ごろまで辛抱する前


やはりとても具合が悪いが


しかし

強いほかなく起きるのを我慢しています


あわてて兄に別れを告げて、,,


兄を恐れるのが私の体に気づく調子が悪いです

簡略にただ告知するだけ

[下痢がとてもひどい]


兄の心配をもたらしたくありません.....




道のりは遥かに遠いです




何とか支えて家に帰ります




途中

友達はすでに原因を知っていました


その後


多分その上道の上の飲食で


下痢はますますひどくなりました


連続2日間ひどい数回の下痢

ついに

虚弱なのが町の外来診察に着きを我慢できません


下痢は少し制御して下りてきますが

しかし薬物は女性のいくつかの反応を含んで大量に出血します

そのため

ただ一回の薬だけを飲んでまた服用する勇気がありませんでした



脳部の酸欠の状況

心臓はまで(に)起きる力がありません

最後

勇気を奮い起こすほかなくて、,,

遠く離れているに背いて2ヶ月の先生救助を求めます


先生のを受けて責めました


そこで

先生で極力の要求のもと

慣例の木曜日、、は、ついに向かいます


ほとんど道中の半分の横になったのが先生家まで(に)支えるのです


車うまく

先生と彼の娘は自ら車の側で私のためまで(に)応急手当をします


この日

支え助けられていてから入ります

目を閉じて椅子によっています

途中

先生の助手(娘)は私のために何度(か)の薬物を注文して応急手当をします


ついに

晩に離れる前

一人で行っていったことができる.....


極度でひどく暑い当日

道の中でつらいが

しかし

何とか協力を得ました


感恩






到着する前

店ていてトイレを借ります


店の入り口

1匹の賢い犬犬重いのは寝つきます

往復する客は全て回り道をしていきます

それをかき乱す人がありません


店にある扉の開いたり,閉じたりする中、,,

強烈な冷気は湧きだします

ひどく暑い昼ごろをさせて、、は、は犬も心地良いのは寝つくことができます


本当に賢いです

違いますか…


本当に望んで、,,

自分で賢いのはいくつか問題をも離れることができます.....




今回


問題の問題点

先生は言います


しばらく脳を使わないでくださいのが極端です

かつ

多く食べます

多く休みます




実は


南部に向かう前に

すでにひどく目まいがするのため体が調子が悪かったです


なぜかというと具合が悪いです

だから食欲も相対的でよくありません


栄養をなおざりにしました

継ぐ旅行中働きすぎて疲労しましょう…

その上下痢をします

いつも原因




たいへん申し訳ありません

みんなさんに気をつかわれました😍





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。