慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

阿純

小さい時

自分で

よく手の縫う方法で布製人形を作ります


終える人の形

毛糸を縫って髪の毛になり

顔をも描写しだします

それから

服を縫って布製人形のために着飾って、,,


うらやましがる隣近所(の人)を満たして連れを遊びます

待ってそばで完成するぐらいを待ちます.....


幼いmoli

どうして知りません

彼女たちの渇望をことができますね?

そのため

豪快での、、は、それぞれみんなに贈呈します






中学(高校)の時代


小さいときから体の状況が多いためですため

だから

両親は近くの私立学校を選びました


毎日歩きます5分ぐらいの学校






1年あります,,,




転校して入りました1人の女性の学生


阿純


非常に細くてやせっぽちで


精致な顔立ち

鳳眼の細く美しい眉

目つきはきらめいています聡明な

美しくて小さい、高挺の鼻

ペン先の上で、、は、よく何粒の汗を掛けています

汗ですか?


薄い唇

美しくかすかにきわめて風刺する軽やかな笑顔を出します

或いは、,,

高慢な笑顔ですか?


細かくて濃くてほっそりとしている体つき

平均的に完璧です

ただすねの非常がほっそりとしています

しかしも彼女の身長の割合に合います


まっすぐで乱れない髪の毛

年齢と内在する性格を組み合わせました


言うことができます

学校の男子学生に鼻血を噴き出させですの対象


どうして知りません

私達は良い友達になった


毎日学校が引けた後

私に彼女の家に向かってちょっと集まるように招きます


多分片親の関係です

たいへん付き添いを渇望します




毎日に学校が引けた後

まだ早いです


私達は彼女の家でいっしょにともに過ごします


この期間

私達はいっしょに2枚のスカートを作りました

とても楽しいです


日暮れの時家に帰り

1段の道を通って、、は、は両側はすべて墓です

(初期、道端の墓はとても乱れていて恐ろしいです)

今思い出します.....

なんと怖いをの知りません

よく往復しますね




短いのは知り合います

突然で

彼女はまた学校を離れました

父に従います

南部まで(に)引っ越して、,,


その後


ずっと20年前にまで(に)

やっと転々としたのは彼女まで(に)探します


すでに豐腴していて美しいの婦人になりましたの




偶然にこの事を思い起こし始めます


驚いて不思議がり着きます

見たところ短いつきあい、,,

多い記憶が隠れています


大河、海水に似ています


波瀾の下の石


ゆっくりと転がります

ぶつかります


気をつけない気づかせたいくつか存在のまた遥か遠い事




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。