moli's in 2home

解けなくない結び目、いつも雨の日がありません
このような信念、踏み出して日光の方向が行きます~♡

沾衣欲濕杏花雨

古木陰中繫短篷,杖藜扶我過橋東。

沾衣欲濕杏花雨,吹面不寒楊柳風。

  

古い木の曇る中係の短い覆い、棒のアカザは私を支えて橋の東を過ぎます。

衣服ぬれるアンズの派手な雨をつけて、面の冷たくないヤナギの風を吹きます。

*


詩人は“古い木が曇る中に‘’の江南が“短い覆いが特有でした”(小舟)にいて、詩人が歩いたことがありに従って、木の橋の“ 杖藜”の音を打ちます

長い厳冬の中から、行く春に入ります

“杏花雨”、“楊柳風”、生き生きと春風、春雨を書き出しました。この雨は盛夏の滝のような大雨ではなくて、晩秋のいつまでも続く長雨がでもなくて、杏花な時の“如牛毛,如細絲”のもうろうとしている春雨です

情感を表現したのが軽くて蘇る万物をなでました

生きているのは詩人と春のリズムを述べて、,,






この何日、突然暴風雨

突然またもうろうとしている小雨

人の憂うつを引きますね……


心臓はしきりに心地良くないこの何日だ

目まいがする問題を強めました

医者はすでに実証することがありますが、心臓病がありません

しかし

事実上

気候と憂いのためで

各種の多い条件の下で、心臓が依然として周波数に陥るのが全体でない……

見たところ

春の霧雨、、は、も人を感傷的にさせるです…?



風寒杏花雨

微醺倚杖藜

熟言不沾衣

玉山濕既冷😀

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。