慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

在風中搖曳,,,

6月の時


夫はまた病院に入ります

私も告知させられていません






手術の後

聞くところによるといくつか後遺症があって、,,




てんかん


本人によって形容します

当日に無意識の状態の下にありました


手足は振り回しています

本来はやさしい救護人員に抑圧を強制させます

自分でとても恥をさらしたと感じます😂


しかし

病気にかかる人

思わずおりる潜在する反応.....これも仕方がない事ですね





術後

離れて今すでに1年になりました


何時間死亡が現れた後の彼を通じて(通って)

今のところ

すでに自分のいくつかを変えて考えて事を進めます


これ、,,

よい事であるべきですw


生命の換えてくる自覚を使います




このようにのため

すでにもう運転したのでありませんでした


一年中会社を家にする彼

病気の中

同じく会社の従業員から共に配慮します

現在

同じく従業員のから担当して運転に出入りします




今回


再入国の証明にもう1度はいてすでに期限が切れたため

(国管理局に入って言って、、、すでに期限が切れる2年😰)

だから改めて手続きするつもりです


しかし


このすべての陳述が聞こえます

および

彼自身は存在がを恐れると感じます(突然倒れるのを恐れて、他の人の混乱をもたらします)




moliは毅然として決定します.....


もう手続きして再入国の手続きにもう1度はいありません



なぜかというと

自分で行動が不便であるです

入管も一回行って完成することができるのではありません


それに、、、私達の双方の共通認識


手続きしない必要性を感じました


.....



少し感傷的になります

😔



彼をよく言いつけます


[後で会社で生活しましょう…

独りで家の中に帰って眠らないでください]




1人で暮らす時予想外が発生するのためを免れる、,,


これは最も良い予防です


なぜかというと

会社は24時間すべてある人がいます





今月

彼の古い友人

状況のが発生してすぐ知っている人がないためです

今のところ、、は、病院で2週間になりました

依然として蘇っていません


ひとつのは活力あふれます

顔色のとても良い人

突然、,,




3年前に彼が出迎えに行くのです

もともと今回も予定は彼が出迎えに行くです.....臨時に他人をかえました




とてもつらいです







moli


今後で観光客になった




運命の手配

誰も予知することができません


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。