慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

複雑な味

昼ごろ11時半に起きます




昨夜

気絶する状態の下で寝つきます


多分過労ですか?

或いは、をあお向けます

複雑な気持ちの引き起こしたのが疲れますか?,,,




午前1時に家の中に到着します



寝ついた後に昼ごろまでやっと起きます






木曜日

再度先生の家の南投に向かいます

翌日

南部の斗六に事の処理を行きました


斗六市途中

油麻菜田



実は


今回は先生家に行きます

決して健康の上の原因ではありません

…だ

可能だの範囲内で望んで、、は、は密集している体をが気分が良いのを加減するのがもっと良いです

私がこのような心理状態の時の先生がいるのを知っています

明らかにとても喜んで安心します

そこで

これ

新しい1年の積極的に行う1件の事で、,,

また期待する事を感謝します


丈夫になってきます

やっと温泉で気絶するようなことはないでしょうか?😝




しかし…


先生の治療にあります後

体はとても良い状況が現れました

顔色もも少し赤くてつやつやしていてきます

手の平の上

もとは指先しかなくて血色があって、、は、は当日にも先生の薬を塗ったのため全体の手の平は赤くなりました

顔色もももう青白くありません

体と手の平も温め始めます


しかし.....


引き続いて深夜まで授業を受けます

離れる時のその夜、,,


ずっと

また道端は停車して眠って同じく寝つきにくいことはでき(ありえ)ない私、,,


夜の前半分に夜が明ける前にまで(に)転々として熟睡しにくいです


なぜかというと


昨晩


授業中

先生は1件の事を引用して述べました

私の気持ちにそして重いがの複雑になって、,,




2週間前の木曜日

つまり

前回

3週間の前で私は先生家の2つ目の木曜日に行ったことがあって、、は、は高雄のお姉さんは先生を訪問したのに行きました




私の一族

先生を訪問したことがあってことがあります

治療を受ける何人かの人

高雄のお姉さんもその中の1人で含みます


それから

お姉さんは紅斑性狼瘡を得ます

息子と娘のが堅持するためです

病院の化学療法で選びます

病状も制御するのが安定的です


思いがけず、,,


この2年

薬物が腎臓の肝臓の問題を引き起こすためです

免疫も力が下がりを続けます

全身紅班の皮膚が起きてかゆいところをかきます

かつ

病院はすでに類固醇以上の治療を提供したことができなくて、,,

(これらがすべて先生がお姉さんの言う状況を伝えるのだ)

そこで

また先生に向かって協力を求めるのにつきあいます


【先生

遺伝子研究の研究者です


そのため

医者が解決することができない時

通常はすべて先生処理から】


授業中




…による

先生は授業中私に対してこの事の時のを伝えて語を言って、,,


あなたのお姉さんの状況は恐らく治療することができませんでした

かつこれは遺伝したのです



その時



たいへん驚かせたのはこのような言い方が聞こえます


信じ難い心、,,

たちまち

複雑な味になりました


授業を受ける前にの何時間の中

自分でやっと先生の協力を得るのため楽しくまた慰めます


これが話がひっくり返るためです.....


気持ちは下がって

感覚が悲しいです



その夜

翌日必ず斗六に向かわなければならないのため車上で寝ます

(潔癖の私の勇気がない住旅館

もしも必ず住まなければならなくて、一定はそれによって自分のとても大きいシーツが全身しっかり包みを準備します

そのため

通常は自分の車中でむしろただ寝るだけてもよいです😅)


南投の当日はとてもあたたかかったです

そのため寝るのが車の上で全く寒くありません


眺めていて、,,

街灯の照らす非常に細い木の影を通します


美しい夜景、,,

めったに眠れないのでありません


口の中で小さな声のは文殊菩薩の心呪います

心の中の抑えつけられない悲しみ


,,,





このような情緒


今回の外出した帰途を招きました

体は非常に働きすぎて疲労して思いが現れました


でも


通って1夜深いの寝つきます

いくらか回復しました

残ったのは恐れて思って引き起こしたの盛んに沸き返って、、は、自ら理解するため気分が良い転換を加減するのが必要です


どうしてこのようにの圧力に耐えています

原因があったので、,,


なぜかというと

私はこれらの話を伝達していかなる一族に知っていることはでき(ありえ)ないです


私はみんなが経緯を知らない状態の下で落ち着いてい過ごしを望みます

別に普通でない人を恐がられるか推測して消化するか理解しやすいです


難しかったですの

自分でこれらを飲み込みました




思い付きます

このようにの情緒はすでに自分の体をさせました


を驚かせるためひどい疲れきっている感が発生して、、、きっと

当事者

もしかすると詳しい情況がを恐れるか恐れるのを知っているためです

病状が悪化するのをもたらして、,,?

あるいは彼女の息子と娘

心配したのが楽しく生活を過ぎることができないがのもできましょう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。