moli's in 2home

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

愛苦

雨の後の晩

たくさんの大きいカタツムリが現れます


moliの菜園

施肥していないためで

野菜の成長したのはとても緩慢です

かつやせっぽちで小柄です


最初

新しく植えるの芽を発見して、,,

やっと1、2日かじられるのがつやがありました

それから発見します

大きいカタツムリはすべて夜に現れます……




その後

よくやみ夜の時カタツムリをつかみに行かなければなりません

それからカタツムリを橋の側の山の斜面辺で放置します

このように

やっといくつかの可哀相なの芽を保全しました


moliはこれらのカタツムリに分かち合います

しかし

まだ1大きな皿の量を炒めるのが足りないをの片づけるのを採取します

だからね、

時勢のため選択は許しを要請することしかできません……🙇






昨晩

カタツムリをつかむ時

小猫達の追随したのは足辺でついて行って、,,

それから

突然注意深く着きます

は猫のお母さんの“小美人”が外出したのですね……


はい~

これらの日時

小美人はたまに夜間に立ち去ります

朝疲れきっている体といっぱいで黄色の土壌をつける足を連れていて帰って来て、,,

通常は

いくつか蛋白質を持ち帰ります(ネズミ)




moliの家

食事はとても貧しいです

第1

moliは肉を食べません

第2

たまに魚を郵送しにくるのたとえ友達がありますとしても

moliもただ少量の魚の頭は食に分けることができます

これ、、は、ひとつのが育む中の母にとって

少なすぎました


そのため

子供の心を可愛がります……夜に猟に行くほかありません




可哀相な小美人

先ほど満1歳

今回初めて出産しました

産後

自分で体力が持たないで、やっと子供を持ってきて頼みます

moliの観察によると

小美人は恐らく産後一生懸命に待っています子供の安全

だから自分で食物を得ていません

体がとても虚弱なことを招いて、,,

なぜかというと

以前の小美人

やせっぽちで小柄ですが

しかしこのように力がないぐらいがありません


見ていてまた虚弱な小さい母を育まなければなりません

夜間にまだ猟をしなければなりません……

moliの心はむせび泣いています





チビはお母さんの外出する夜にいます

緊張するのがあわて恐れて、,,

平日また(まだ)少し人類の小猫を恐れます

この時になんと私の足に粘っています


きっと

少なくともひとつのがお母さんのに取って代わって感をよく知っているでしょう…?





愛で

喜ぶです

負担です

衆苦の因です


矛盾しているからみ合う生命

すぐ喜んだのを享受するを除いて

このを敷いて昇華の道を悟るです


ふけりますその中

互いに泥沼に巻き込まれることしかできなくて、、は、外にまだその他の天地がありが分かりませんですね


💧



💖

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。