慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

台灣の北部、,,(大渓)

大渓

個人のたいへん好きな1つの小鎮

台湾で、現在はひとつのが閉門して外出する場所必要はないので、、は、人を安心していさせます……しかしすべて私のようにみんなを提案しません


小鎮は台北市に近くにあって1時間(山道)ただ人間仙境の場所からにぎやかな世界に到着するだけ

当然で、小鎮は美しいのためも観光客を殺到させます







人気のピーナツあめ、入り口と化











実は

この小鎮の周辺、とても豊富な資源を持っています


台北境の‘’三峡‘’に沿って

2種類の山道に選んでいくことができって、道中すべてそれぞれその特色があります

1条の(大豹溪)という山道、しかし原始の山岳地帯は道もとても安全であるで、山辺の渓流がとても美しくて夏の日の劇の水の良い行く先です

この路線の出口は(大渓慈湖)の場所に到達して、もう一つの辺はスイミツトウの故郷に向かうため(復興郷の原住民の部落のすこし引き延ばす山)

もう一つの山道は比較的広くて、平日の景色が美しくて、道端がまったく樟の木の香気のを植えてあふれるため、そのため多くの自転車族のよく行く路線、この路線直通大渓古い街です


大渓古い街の果ては蒋介石初めて台湾の時の行館に来て、および日時期のいくつかによって物を建てて、これらはすべて1基の公園の周辺でそびえ立って、多少身を捧げて日本の雰囲気にあります











大渓に入って観光した後に、周辺に沿って蒋介石の陵墓(慈湖)に到達することができて、またそばの山道に沿って上へ行って原住民の部落に向かうことができます(復興郷)





(慈湖)を離れた後に、先に1つの暗渠を通して、暗渠を過ぎて意外な意外な喜びがまだあって、、、一つの小さい道端の小の露店

この小さい露天麵店はよくいっぱいになって貴重な車の食客を止めるので、1日ただ何時間だけを売って、通常は午後1時に全部について売り尽くして、遅くなってもなく座ることができるのに行きます~

毎週火曜日におよび、雨が降るあの日すべて営業することはでき(ありえ)なくて、とてもおいしいの麵

ひとつのは辺鄙にまた冷気がなくて、便所の野外のよく高い友達が満員で、とても面白いと感じます~









船舶の往来が頻繁なことがある埠頭と河川の下で全て水路の痕跡を残します

茶の家具はすべて山岳地帯のためにあれほどの財産を持ってきてことがあります

今のところ

大渓は少しの茶畑続いて下りてくるぼうっとする業になおあっておよび、たくさんの精致で美しい家具と祭りを営むためのテーブルを製造します

その他に

最も観光客と普通な家庭の好きな豆腐と副産物(大溪豆干)のあんかけの熟している豆類の食品を受けて道を急ぎ食べる間食辺になって、、は、はもしかすると日本の友達はとても天気がひどく暑くて、屋外の飲食が非常の心地よくの楽しみだ、率性の涼しい風のゆっくりとの大通り上でためこのような行為、熱帯地区の人々に慣れるのしかし、ではありません……異国の風情とするのが評価することができても、このように比較的~を理解しやすいようですか?




享受したことがあって(日本円の約200)おいしい麵に安くなった後

(復興郷)の山岳地帯の途中に引き続き向かいます

まずその他に1条の(大豹溪)山道の合併する合流点を通ります

この三叉路の合流点の地名は言います(三民)

ここ、逃す1つの秘密の境を許さないです

ここは1つの過去の政府部門のお茶工場があって、今のところ観光お茶工場に変えて、中一見の価値があるたくさんのものがあります

提案は、もしも時間は許して、お茶工場の側の別荘型の民宿が1の遅い費用に住んで英語がとても安い方がよいその上もつなぐことができて、芸術の奥さんの非常のnice、翌日の朝に荷物のしかもゆったりしている隣に向かうお茶工場を携帯して見学する必要はなくて、お茶工場は軽い食あるいはコーヒーもあって、お茶が飲んで楽しむことができました

もしも翌日その後時間が向かいがありません(復興郷)

それでは

お茶工場を見学し終わった後に山を下りて石門水庫にずっと奔走することができます

民宿の業者と石門水庫の旅を予約することができても、日程を手配します

石門水庫の側にたくさん水庫の景色の喫茶店を観覧するのがいて、仕事の魚レストランもあって、土のニワトリレストラン、水庫は湖を遊覧します

水庫の側に1本の小さい古老大通りがまだあって、中そんなに大きくなくてとても長い大通りだが、しかし客家人の有名な美食は(もち米はして、中千切りにするとネギのみじん切りダイコンがあって、ブタ肉、小エビ)が人気に相当するのはまたおいしくて、味わってみてよを見ますとよいです


私の紹介した方法が好きですか?用いて生活する目は台湾を見て、商業の角度が台湾を見るのではなくて、、、もしかすると更に体本当にの場所の風情



このようなゆったりしている北部に旅行するように提案して、日程は一週間です

台北市街区の有名な文人茶芸館を含んで、および、故宮博物館、、は、重要なのは、はこれらがすべて私の生活した影おやです

台灣の北部の都市,,,‘’新竹‘’




冬、北風のぐうぐうのは吹き始めます

たくさんの海側の都市は強烈な風力を経験します

新竹

ひとつのは四季ほとんどすべて回っている極めて大きい風があります

そのため(風城)は新竹の略称です

しかし、,,

新竹人、ほとんど帽子の外出する保護の措置をつけているのは何もありませんか?本当に不思議です~

新竹に私を行くのは絶対に帽子をかぶるのです……😁


古い都市、新竹

たくさんの優美なのは物を建てて、廟の建物、駅の外観もたいへん歴史的な建物があるだて、とても美しいです

市の中心

横切る1条の河川があって、高価な地域の中で優雅で人を魅惑する散歩する環境を提供して、台湾で珍しいをの称することができます

新竹の住民

昔から商業が発達しているため、各国の人、人種の大きい溶鉱炉、そのためすこぶる異国の風情があります

ここ数年来、科学技術の大工場は周辺で設立して、若くて優秀な人材は流れ込んで、、は、は古い都市は、たくさんの新しい生命を増加して思います





ただ

今の夜景は見ます

観光客はびっくりするだけではなくて、私のこの台湾人さえ呆然としています~


有名な城隍廟の軽食(貢丸、ビーフン)

鴨肉のご飯

台湾に来る機会がある人、よを逃さないでください~👍👒