慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

💖💖💖 猫の知恵

昨年、東京に向かう3ヶ月

それから、台湾の陰暦の昨年で、台湾に帰りました

2つの国家の新年を経験したことがあります……幸運な私、ずっと他の人のどんなに固定していない1倍の時間に比べて


毎日の感謝する中にあります

常に自分の過失を点検してと及ばないです

についてこの世界のためにもっと多い力を払って、ずっと胸が深く恥ずかしく思っているのです


そのため

生活の中で、すべて触手およびの範囲内縁ベストを尽くしてに従って環境衛生、空気の品質、動植物の配慮、私なのにも関わらず






体のため、好きな仕事を停止しました

3年来、山中の村落の中で静かな教養


…が、忙しい私に慣れて、時には働くことができないのため焦慮します

しかし、この数年の山の住まいはとても特別な友達を知っていました






この特別な友達、次第にの私の寂しい生活するのを落ち着かせ慰めてと体の上の苦痛を除いて拭いて、、は、“熟していない”の期待に対してたくさんの歓楽を持ってきましたと

彼女に感謝します

彼女の子供達にも感謝します……💞




彼女は1年齢の大きい母猫です

白色の基礎の中で黒色の印を持っています

アシンメトリーの模様、しかし彼女の知能指数を損ないませんと


初めて会う時

彼女は私の部屋を借りた裏庭で現れます

飼育する人がいる猫以外、台湾ののらネコはほとんど全部勇気がなくておよそ人類に接近するまで……もしかするとこれは台湾人の検討しなければならない場所でしょう…🙏








その日

彼女の肩で風を切って歩いたのは隣近所の屋根が跳ねる下から

それから私の目の前を通ります

その時、花畑を整理する中で

彼女が勇敢に恐れることがないのを見て、好奇心のを持っていて私が間近です


彼女の態度は私に多少勇気がなく信用させて、、は、全く~を無視するのが私の存在どれでとても勇敢です


その後

時々の彼女経過

それから……ある日

彼女は彼女の子供達を連れていて裏庭で現れて、かつ私のを受けて食にえさをやります

それ以後

彼女の子供達はもう立ち去りなくて、固定的なのが受けて人類のから来て食にえさをやって、かつ私の飼育したペットのように始まって、甘えて、ぐずぐずします

母猫

もっと前にすでに経常的な行方不明、安心しているのは立ち去ります


この後

母猫は3年間にあって、続々とのは何回生みました

その中の子供も彼女の孫を生みました……全部の、すべてなくして私にあげます

そのため、裏庭ののらネコ一族、10数(何)匹に達して、、は、は私のは部屋を借りてつきあいます……すでに村落の話題でした

なぜかというと、彼らはこれまでのらネコを見たことがないで人の親しげな付き合いとことができて、かつ全体の群のは私の家の中庭で滞在します


日本の時、心の中は台湾中庭の中の小猫達に気にかかっています……それらは食べるものがありますか?天気が寒くて、今年台湾はまた(まだ)雪が降って、、は、はそれらが良いですか?


このように、,,

3ヶ月以降に再度台湾に帰ります……

この時ののらネコ一族、とっくに消えてなくなって跡がありませんでした😟


何日(か)の後

古い家屋の設計のため、便所はすべて外にいる中庭の中で

この日、朝便所の扉を押し開けました……

にゃあ……にゃあというかわいい叫び声、私意外な意外な喜びを感じます

以前は老の母猫です


以前

老母猫が現れる時、これまで音を出しません

彼女の子供がでも奪い取っていて扉をたたくため、ニャーニャー鳴いていて、、は、私に、はお母さんが来たのを教えます


しかし、今ただ母猫自分

私に彼女の存在を知っていさせるため……彼女も口を開いて、人を魅惑して、かわいい叫び声を出します


うれしいまたかわいがったのはすぐに彼女のために食物を準備します


彼女のひもじいのが食事をする時、,,

彼女の巨大な腹部が見えます……また生みました

可哀相です

この年の冬、寒くネズミさえまで(に)つかめないで、、は、とても空腹だったでしょうか?とてもあなた達に申し訳ないと感じます…


賢い母猫

もしも音を出していません

その時の私、トイレを離れた後に一定はすぐに部屋の中に帰るので、,,

幸いにあなたの知恵は私を導いて、生まれていない小猫をもいっぱい食べさせました




この何日……彼女が見えていません

生みましたか?💖





🌸🌸🌸 台北 🌸🌸🌸




1home……

私は帰って来ました




懐かしむ味を探して、、は、台北の西門町に来ました😄




台北駅近くの有名な‘’大きいワンタン‘’

台北市桃源街に位置します

実はの前で1番早い発祥地はここではありません

しかし、おいしい店、運んでどこにすべて寂しできないのです…


水餃子のように大きいワンタン

その内であんが野菜(チンゲンサイ)が肉より多いの、とても健康で口当たりが良いです

かつも高くない(90元)、1杯の中で約6粒、中杯の8粒の、大きい杯の10粒のこと

もしも簡単な料理あるいは夕食として、あるいはサラリーマンが脂っこい人が好きでないのにとって、とても適切だです


今日、これは私の夕食が(笑)もちろん最小の杯です


昼ごろの時

スポーツ

胃部がうごめくのは緩慢で、また(まだ)目が覚めていない冬の虫のようです

しかしまた昼食を食べないわけにはいきません

そのため

よくの選択は……最も、とても小さい1杯の細い面を消化しやすいです


台湾が独特でした(カキ入り極細麺)

これは台湾人の一番のお気に入りので、聞くところによると観光客が最も良くて投票によって選挙するです

それは細い面から煮て、とても柔らかいとても良い消化に煮てなるのです

それからの中にブタの大腸とカキがいます

私が小さいときから肉を食べるのが好きでないため、そのため私は腸が要らないでただカキ入りだけを入れるのを選びます

しかしこの特別な店の主人はとても気前が良いです

もしもただカキを入れて、彼女はとても多い数量を入れて、人を驚く信じられないのがあらせて、新鮮で大きい粒はまた多いです……その他のおなじな店所の見たことがない量で、本当に安値です

重点は

安いのは人の信じられない(60元)を譲って、,,

好みもとてもおいしいですよ…

店の位置は民生西路での上で(寧夏夜市の側の店街)

とてもよを推薦します…


これは台北街のあちこちです

もしかすると、ある日またあなたのためにその他の面白い場所を紹介しましょう~

みんなの楽しみ😊👍😉

台湾南部(美濃)大地震💥💥💥

日本が帰国した後

軽微な脳卒中の弟に気にかかるため、帰って来た後にすぐに日程の南部に向かう美濃に彼と長兄を見回しに行くように手配します


去年の母から亡くなります

自家の兄弟,一緒に南部の美濃まで(に)居住したのに行きに移ります

弟は長期ため母の戒護て圧力をかばって、そのため葬儀の時突然血の血栓症が現れて、軽微な片側の手足がバランスを失うので

その時の私もちょうど体の状況はよくない時で、、は、東京に向かう、台湾に帰る後でまで(に)……これでやっと初めて会う機会があります


実は

台湾に帰って、心臓もずっと具合が悪い状況があるです

しかし、南部があたたかいため、この度の旅行はもしかすると心臓を少し心地良くてそうとは限らないことができます…


台湾の最も南部、濃厚な島の風情を持っています

若い時にもすべての年数度は訪問してことがあります


波浪とヤシの木、青い海の青空

焼けるように熱いが、しかしきわめて広げる環境も確かにもっと仕事多忙な後、最優秀療です


道中

高速道路に好きでなくていって、くねくねと続いたのは各田舎の道を経由して、それから場所(時間)を決めなかったのはいくつか小鎮の中に入って、感銘は遠く離れていてすでに長い記憶に背いて、それから1時(点)の現地の風味ある一品料理を味わいます


北回帰線以南を越えます

台南の後の南、間もなく目的地と接近します

ここの田舎道路はきわめて濃厚な島国の風情を持っています

道端の街路樹は、は大いに異なり北部の品種、、で、すごく美しいです

たちまち、果てしなく広い平原と熱帯の山岳地帯の姿、苦労をなめるのをさせて、心身のいくらか疲れきっている私、、は、見るも顔色の赤くてつやつやしているたくさんどれ



“美濃”と兄弟は久しぶりに再会しています

ひっそりと静まり返る南部の田舎、稲田間のが環境に居住するに身を隠します

明らかに、弟の状況はすでにたくさんを回復しました

さすがに、若いそれとも有利な条件…本当にうれしくて、、は、も安心しました


3夜滞在しました


しかし……


たいへん私に受けにくいのは

台湾の普遍的な田舎、、は、は美しい平原、山林とかわいい空気はすべて人の世間の宝物です

しかし

農民あるいは村民、よく環境あるいは枯れている枝の落葉を整理するため

残す田舎の年配者、環境保護意識がありません……そのためよくいくつかプラスチック袋あるいはこの種類の製品を火の中に捨てて、,,,,


連続して3夜

隣のおばあさんのは物を焼き払って、窓に沿ってあけて部屋に入ります

夜の温度がわりに低いのため必ず閉屝して眠らなければならなくて、その結果これらの煙霧は対流の空間にあって、火災の現場の類に似ているもうもうと立つ煙を形成して、滞在してなくなりません……


連続して何日(か)の夜

もうもうと立つ煙がむせて目が覚めた後にに、扇風機を開けて、部屋の扉を開けます

しかし、、は、すでに間に合わないです

強烈な頭痛は脳と高く上がりをおさえて、胸腔の肺部絶えずもうもうと立つ煙を吸い込むのためどうしても座ってみる猛烈な咳がなければならない、、は、もうすぐ息が絶えるのが、肺部に呼吸することはできないと痛いと感じます……どうしたらよいか?


第3晚です

決定は南部の旅を離れて、北部の山岳地帯に戻ります

明日除夜に入りますが

しかし

彼らの兄弟の2人はすべて無事で、それでは私も気になることができる必要はなくて、安心したのは立ち去ります


気持ちはすでに決めました

その夜、、は、は煙霧は更に濃いです

また耐えられない一夜を通りました……


翌日

長兄の残を惜しむ眼光の下でと彼らは別れの挨拶をします

次第に焼けるように熱い気候の私を受けることができません……再度彼らの機会に訪問しに来て、、、どのとははっきり分からない



“美濃”を離れた後

異なる山岳地帯路線を選んで北に帰ります

その夜の山岳地帯、ダムの山をめぐるのため、行進して途中の深い霧、、は、全く車両のライトの前方の道が見えることができません……恐怖感を与えるとても



晩9時、精も根も尽き果てたのが濃霧区から飛び出して、有名な嘉南平原に来ました

ここ、私幼い頃と思春期の成長の故郷です

多すぎる父母の追憶、軽食との記憶……

有名な“火鶏肉飯”など、、は、往々にしてここ、心の中を通っていつもあれこれと味が盛んに沸き返っています思い出す箱

を…


今夜

“嘉南平原”が泊まりを予定します

夜、もしかすると再度あたたかい記憶の夢の世界中で縮こまります……もしかするとお父さんとお母さんの胸を復習して、再度享受して心配事の単純なのがないことができて、ハッハッと大笑いします


極度の清潔な癖の私、ホテルあるいは旅館が好きでありません

そのため、若い時ずっと車中で野宿するのに慣れています

野外だが、しかしこれまでかつて不安な感覚があったことがなくて、、は、星の月は、平原の自然な空気を吹きを眺めています

静かな大地の胸の中で、やせっぽちで小柄な体は車中で縮こまって、よく一夜眠ることができます…






夜中

車の突然強烈なのは揺れ始めます💥

しかし、以前1、2回の強烈に地震を経験したことがあるため、これまで同じく怖くないことがある私、あっという間にまた寝つきました……今回、知らないのはどこですか?よく考えて、眠りました



早6時

携帯電話は鳴り響いて、驚いて目を覚ましましたの危機意識の私


電話のあの片側、驚き恐れての、、は、は(あなたはどこにありますか?美濃の大地震、台南ビルは倒壊して、とても恐ろしいです…)


2番目のお姉さん

居住する台南古都がすでに夜中3時に多くて、災害を受けます……

車の中のラジオ、驚きあわてるアナウンスする員は現場を述べています


昨晩強烈なのは昇って“美濃”の北上する私を離れました

聞くところによると通る濃霧の山岳地帯、道はすでに崩れ落ちました……

何ゆえが分からないで、、は、は私はまた災難の現場をよけました

しかし

不幸な消息は絶えず伝来して、私の目の縁を湿っぽくならせて、心の中はけいれんしています……

とても悲惨です…

被災地区が良い消息が伝来するのをひたすら願います…………。💖


日本政府の配慮と投入にも感謝します💋



野球選手“許金木”雕像???

‘’嘉南平原‘’名物(火雞肉飯)

美濃,近の(阿連)の“月世界”