慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

井之頭公園

井之頭公園

数十年後の今のところ、、は、もこれまでと少しも変わらないです


台風のあとでの世の変転だが

傾倒する大きい木

池の中で乱れている落葉

以前来た(住んでいた)所を訪れる私達の喜びにも減少することができません


すべて

すべて当時まで帰りました.....


みんなの様子の容貌はすでにもう1度へを継がなかったけれども


古い体の下で、,,

依然として若い心を設置しています


楽しいのは小躍りしてやみません

熱烈なのは話の内容と言葉遣いの中でそれでは失う長い間を縫い繕いを企みます


,,,


たまに揚げる笑い声

木の上の小鳥に比べてまた(まだ)要してたくさんに沸き返ります.....



*



日光


少しも容赦しないのは黄色の困惑する街灯を交換しました


別れの挨拶をします

いつも最も難しいです.....


.....


.....




吉祥寺の駅の前

店は次から次へと扉を引き降ろしました


別れの挨拶をする人

まばらなのはもう詰まりありません


柴田君とも互いに言って大事にして感謝して、,,

最後の人の群れが消えてなくなる前にあります




最後に曲結局は人のばらばらな不景気な夜の景色の私に近くにあって、,,


遊びにふけって帰るのを忘れます

何度ものは漫歩します




いたずらに揺すぶる電車

席が多かったです

すでに他の人がいらないで座席を勧めました


コミュニティ

静かなのは怖いです


抜き足差し足なのは家に帰って、、は、1夜間のイベントの猫に似ています






何ゆえが分かりません


昼間皆とと一緒に祈願する寺院の中の神さんま

あさっての朝にあります

なんと入って夢中に来て、,,


かつ2度はお金を入れて私のポケットにあります


夢に至って目が覚めます

経緯を知りません、ぼんやりする私

写真が見えます

やっとその日に切に願った寺院を知っていて、、は、は辦財天尊のです


本当に失礼します


しかし、,,


どうして夢中で現れますか?


まさか


神も私の境遇を知っています…?

たとえ…としても

表示を行いませんか?





面白いの外1章




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。