慚愧 知足 感恩のmoli

人生第2段階に踏み出して、、は、感謝するか感謝するを除いて 向こうへ行く足跡 未来を成し遂げました すべて値打ちがあるです すべて感謝したのです

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

moliの世界

服装縫いますと絵画を

ほぼ異なる情緒です


絵を画く時、,,


moliは他の人絵を描く時の気持ちを知りません.....


moli自分で

毎回すべて情緒のから流れて行きが出るのを担当するのです

これまで略図の準備を行いません


絵を画くためで

私の感覚の中

それは情緒の一部分に属するのです




なる

moliが絵を描く時

まるで人対話と、,,


事前に自分の説明する話題の内容をよく考えます


しかし考えることはできなくて、,,

どのように詳しく述べるのが比較的妥当で、あるいは何を選んで語で形容に行きます


だから


ほとんど多すぎる構想を使いませんています

反対にひっくり返りと表現したい事の下を良く考えて、,,

一貫していましたの

絵を描く方法は.....何を描いてすぐに着手したいです


もしもためらいました


この絵は好きでありませんでした


なぜかというと

自分の1つ目の考えに忠実なのではありません


だから

絵を画く時の自分


幸福ので、、は、わがままでした

贅沢でしたの

制約のを受けません

忠実です




服装を縫います


同じでありません


反対にひっくり返ったのに陥って良く考えます

数理の中で各種の角度の配置を考えます

人体のを構想して切断面を貼ります

色と材料の応用

の、、は、反対に考慮して接近するのにひっくり返るのが完璧です




2種類の異なる思考モデル

コントラストはとても明らかです




幼い時から成長するまで

ずっとこのような状態の中であります


なぜかというと

子供のころに

moliは手で布製人形を縫います

彼女たちのために服、髪の毛をします

それから

うらやましがって期待する隣近所(の人)の女の子達を満たしたのにあげて、,,


それから

自分で水着をもします

スカート


これらの事、,,


とても小さい時に模索したのを始めます


しかし

moliはずっと裁縫師ではありません

縫う技巧を学んだことがありに行っていません

ずっと服装を創作することが好きです




好きで

過程でのを作っていて研究します

挑戦の完成したい心理

完成の後のぐらいが見えるのを渇望して、、、それによって


自分の遺失を探し出します

不足するののと






知らない、,,

このような私


どんな怪物ですか?

要するに


中で浸ります

明後日の興味のやっとする事のためではありません

…だ

全部を生みと、,,


中断したことがありません


もしかしたら.....生命を浪費する人ですか?


幸せな馬鹿者


新作

兩面穿(可)男性

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。