moli's in 2home

体質の縁、目下積極的に農薬がないの方法を育成するをの学びます
返璞歸真な精神に戻ります~♡

訪問者

去年の雨季前に台北へ

秋まで山岳地帯に帰ります

この中間

以前中庭の中ののらネコ一族に集まって、続々と成長するのため分散しています

小猫達が地域性の争奪があるのため

最後

強い勢いの“黒い尾”がみごとでその他の公の猫を追い払いました

ただ“黒鼻子”だけが残ってどうしても離れたくありません


たとえひとつの前で足の裏に不足しますとしても

適応して暴力を振るうあまりことができありません

しかし依然として勇敢なのは迎え撃って、、は、はほとんど悲鳴をあげる音が絶えないのです

結局はやはりそのまま残りました




しかし

最近

いずれにしても道端で私が見えます

彼を呼びかけて、、は、もきます

もしかしたら領地を割譲して敗北を認めたのでしょう…

可哀相な黒鼻子

夜が更けて人が寝静まる時しかなくて、こっそりと私の屋根にふさいで帰って巡視して眠ります

昼間大胆にただ守って隣のゴール前で見回すだけ






午後

依然としてまばらな下が雨にぬれるのです


突然

窓の外でか弱い猫の叫び声が伝来します……

ほとんど直ちにのです

意識して、,,


まさか…


やはり


扉の外で立っていて姿の何ヶ月のの“小美人”を失います

なぜかというと

春の時にまるですでに妊娠しました

太っていてかわいい影、、は、やせていました


乳房は育む中に表示します……


おめでとうございますね、、、小さいお母さん

第1回出產


1周の体にやせていました

人に憐憫を感じさせて、,,

すぐに

moliは友達の昼食を、弁当の中のチキンウイングスは彼女に分配します

彼女のに栄養との関心を出産するように協力していないで、本当にとても申しわけなく思います

なぜかというと

彼女もずっと私の最もかわいがった中の一つです

賢くて美しくて、独立で勇敢です

私に対してたいへん名残惜しんで、、は、消えてなくなってどのくらい、よくまた(まだ)覚えていて帰って私を見回すのにも関わらず

かつ扉外で呼びかけるのにわかります

本当に賢い頂上です




可愛がったのは彼女の立ち去った影を見ています……

前ように数日につきまといがなくて、やっと離れます

きっと

子供達は彼女を家待っていてに帰るでしょう…


“小美人”を尾行しています

勇気を奮い起こして自分の追い払われた地盤に帰ります

目の前で“小美人”は立ち去って、、は、なんと何をも顧みません

駆けて力の1段の道を追求します

しかし

ためらう“黒鼻子”を恐れてと振り返ります

再度私の入り口に来ました


絶え間なかったですの


ニャーニャーと言っています

差し迫っているのは道の1面、また後ほどに向って私の大声のがにゃあに対してぼうっを眺めます




しようがありませんでしたの

私も黒鼻子の心を知っています

私が欲しくて“小美人”を探し出して、,,


黒鼻子、,,

いつようやく成長することができますか?


ずっと孤独な彼を恐れます

甚だしきに至っては前いくらかの時1匹の小猫を失ったのため鬱病を得ました

昼夜長い間狂ったように叫びました


孤独で

それは

いかなる生命の最終訓練ですね…

💖

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。